海南駅~白浜駅周辺の見所


昔は海南市のあたりから南にある藤白山脈を越えて田辺に出て、熊野に抜ける熊野詣の道があったという歴史ある町。
藩政時代には職人の町として知られ、今も黒江漆器は和歌山を代表する伝統工芸品として有名だ。
エミオネ薬用プレミアムアクネケアローション ニキビ 化粧水

海南駅を出ると次は冷水浦駅。
車窓右手に真っ青な和歌浦の海が広がり始める。

やがて有田市を過ぎ、列車は約700年の歴史を持つ金山寺味噌と醤油の町湯浅へ。
ここは慶応2年(1866)から醤油を作り続ける老舗の醤油蔵など、風情ある町並みが残っている。

湯浅駅を過ぎてなおも南下すれば、京都西本願寺の別院・日高御坊の門前町として栄えた御坊市、梅の産地として名高いみなべ市に入り、やがて前方に太平洋に突き出す白浜半島が見えてくる。

コバルトブルーに輝く海に囲まれた南紀を代表する温泉郷だ。
瀬戸崎に張り出した大きな岩盤が波しぶきに洗われる千畳敷、その南には高さ50~60mの断崖に波が砕ける三段壁など海の景観は欲しいまま。
ピュアルピエの効果や口コミ 通販 最安値

新津から村上までの旅


新津は明治から昭和にかけて石油採掘基地として発展した町。
南部にある石油の里公園には、今も綱掘り井戸などの採掘機械が展示されている。
ころころ歯ブラシの効果・口コミ 歯周病 歯磨き

新津駅を出発した列車は信越本線と別れて右へ大きくカーブして走る。
阿賀野川にかかる全長約1200mの鉄橋を渡る。
桜並木をバックにさらに北へと向かい、やがて中条駅に到着する。

中条はチューリップの球根生産で名高い。
毎年4月下旬から5月上旬にかけてチューリップフェスティバルが開かれ、およそ25種、60万本のチューリップが訪れる人の目を楽しませてくれる。

中条駅を発った列車は荒川などの大きな川をいくつも渡り、村上駅に到着。
村上は市内を流れる三面川での鮭漁で知られ、江戸時代以降、川は鮭の繁殖に適するように、人工的に整備されてきた。
鮭の博物館「イヨボヤ会館」では、こうした村上と鮭とのかかわりについて展示物や映像で知ることができる。
また、同館の地下には側面をガラス張りにした人工河川がある。
目の下のふくらみ 解消 老け顔